結局おたくをやめられない

好きなこと隠さず好きなだけ

握野英雄は王道すぎて妄想が全然捗らない話

これも下書きに残っていた。ほぼ完成してる感じがしたのでちょっと修正してのせます。

 

 

握野さん。とにかくガチ恋がやばいFRAME。ガチ恋っていうとなんかヤバめな雰囲気なんだけど、ヤバい感じではなくとにかくFRAMEはすっと恋に落ちてしまうと思います。特に握野さん。握野さんってめっちゃ真摯に物事と向き合うし、そのわりに色恋にはすごく照れ屋な部分もあるし、でもやっぱり真面目なので非常に優しい彼氏になりそう。そこが顔とのギャップがあってまたいいのかもしれない。

なんていうかこう、まだ未熟な、例えば小学生とか中学生くらいの女の子が近所の優しいお兄ちゃんみたいな人に恋にも似た憧れを抱く時期ってあるじゃん。あるよね?そのお兄ちゃんタイプがまさしく握野さんだと思う。悪いことはきちんとだめだぞって言ってくれるし、褒める時はとことん褒めてくれる。すごい。理想の彼氏というか尊敬できる人間すぎる。結婚して。

握野英雄と恋する女の子のことを考えるだけで胸がきゅんきゅんきゅーん(神浜コウジ)ってなるんだけど、前提として最初は友人関係であってほしい。女の子のほうは握野さんのこと恋愛対象として、というか握野英雄と付き合えたら幸せなんだろうなーって漠然と思っててそのスタンスはずっと変わらないんだけど(明確な好意がある訳じゃないけど友人から発展するのは全然アリと思ってる)、握野英雄は本当に普通に気楽に付き合える良い友人と思ってて、でもなんかのきっかけでめちゃめちゃ女の子なんだなって意識してしまう事件が起きるんだけど、そこから突然意識し始めてしまって心揺さぶられ止まらないこの気持ち的な状態に陥ってほしい(妄想が雑)

 

なんかそんなわけで握野英雄はその子の攻略ルートに進むんだけど、わたしの中ではスキー場の初級者コースと上級者コースみたいな感じに分かれる。初級者コースはやっぱり斜面がなだらかで、SYLみたいな穏やかな恋を育んでいくんだけど(その際は是非とも秋のパンケーキデートと初夏の公園デートをお願いしたい)、上級者コースはもう急転直下の恋をお楽しみいただきたい。握野英雄さん、わたしの中の勝手なイメージで恋愛相談をユニットメンバーにすることが確定事項なので、FRAMEに相談する→しかし信玄さんと龍くん、良いアドバイス出来ない→他のユニットが出てる恋愛ドラマを参考にし始める→龍くん「こういうちょっと強引な感じ、英雄さん似合いそうですね!」→握野さん「いやいや無理だろ(テレビをチラッチラッ)」→結局次会った時実演→女の子びっくりする(意識せざるをえなくなって動揺)→握野英雄、相手の対応の変化に嫌われたと思って意気消沈→慰めるFRAME まで見たい。めっちゃ見たい。これ別に急転直下でもなんでもないわ恋のLesson初級編だわ。

 

なんか握野英雄は女の子の涙とかめっちゃ苦手そうで……ちっちゃい子に泣かれるのとは違った意味でわたわたしそう。でも頬を流れる涙を親指で拭いながら、わたわたしてる握野さんの様子を見て思わず笑っちゃった彼女にそのままちゅーしそう。してくれ。もうだめだ終わろう。

遙か6幻燈ロンド感想

久しぶりにはてなブログを開いたら下書きに残っていた……書き終わって公開もしてると思ってた……

 

下書きに保存されてたやつ

============

ひとたびやり始めたらあっという間に終わってしまった幻燈ロンドさん。とりあえず本当につい5分前とかに藤堂終わらせたんだけどなんかあの本当に、藤堂……あの……あの……

という感じになったのでとりあえず攻略した順で1人ずつもそもそっと感想を投下します。単体萌えとかCPとか夢とか色んな視点で書いてしまう。

 

1.ルードちゃん

ルードちゃん真ん中くらいにやりなって言われてたのにうっかり最初にやってしまったんだけど、最初だったことによりルードちゃんは有能だったということがのちのち深く胸に染み渡るのである意味正解だったのかもしれない。普通に後にしてダリウスとセットでやっても相乗効果で良かったのではないかと思う。

ルードちゃんはね、まずなんといっても可愛い。あと思っているよりも自分に素直でより可愛い。世話焼き年下(?)はわたしの恋のストライクゾーンではないのだけど、萌え的な意味ではクリティカルなのでなんら問題なかった。

あとルードくんは細かいとこ気づいてくれるのがいいよね、乙女心に鈍感な軍人とか本気なのか冗談なのか乙女心を弄んでるよくわかんない人や鬼とか達観しすぎてて大して手を出さない大人とかそもそも乙女とかじゃなくて女にさせられるぞ早く逃げろみたいなそんな奴らばっか(ちゃんとみんな好きです)でルードくんと九段ちゃんとコハクあたりは本当に適切な距離感をとってくれて本当に帝都の良心そして癒し……

ルードちゃんほんと次期部長(首領)感が強くなってきて頼もしいよねとても弟にほしい、出来る弟の恋路を見守るみたいな視点でプレイしていた。一番好きなシーンというか台詞というかは梓ちゃんがルードくんが一番だってことに気づいちゃったみたいな感じだった厨房のシーンだったんだけど、この時のわたしはうっかりコハクとルードくん同時攻略してて最後にルードくんを選んだ形で√に入ったせいもあったのか、告白の返事もしてないのにごめんねコハクみたいな台詞があって非常に死んだ。というか現場にコハクがいて見守られてることにも死んだ。ダメージが半端なかったのにすごく萌えた。同時攻略はもうしないと心に決めた瞬間。√入る前に告白してきたコハクがいけないのだと心に言い聞かせた。

 

2.コハク

あまりにも厨房事件がえぐすぎてコハク√でもルードくんになんかあったらどうしようと思ったけど今回は別になにもなかった。本当によかった。

コハクは6本編終盤でめちゃめちゃ切ない思いしたから(わたしはわりと好きな部類の要素なんだけど)今回こそはまるっと幸せにしてくれよな!!!!という感じだったんだけどまあそういう訳にもいかなかった……コハクが何をしたというんだ……あんなに色々な思い出出来たのにそのほとんどがコハクにとってはなかったことになってしまったのが本当につらい。でも本編といいロンドといいこの二人ならまた楽しい時をいっぱい作れる可能性しかないことが本当に救い。梓ちゃんに後から観覧車乗ったりあんなことこんなことあったんだよって話されて何それ別のおれうらやましい〜〜!!!今からおれ達もそれしようよ!!!みたいな話でもしててくれないかな。

あと本当に阿部敦が神。遙かに来てくれてありがとう私服も好きだけど演技も好き。かわいいのに切ないがにじみ出てくる声の出し方が最高でした。例の4章終わりの告白のとこまじでやばかったしあれが起きてないことになった世界で二人が生きていくのがつらい。梓ちゃんがなによりつらい。うっかりコハクが経験してない話とかしかけちゃって、あっこのコハクはこのこと知らない……ってなってほしいつらい。でもコハクはなにそれうらやまし〜略ってなって二人は幸せになってほしい。コハクの明るさに毎度救われる。

今回のコハクはけっこう漢前なとこがいっぱいあってわたしはけっこうきゅんきゅんしていたよ。特に梓ちゃんに過去に遡ってこの手紙を見せてって言ってるとことか本当にこの子はもう……ってなった。まじめに愛しさと切なさと心強さとって感じだった。6の朱雀はどちらも有り余るくらい幸せになってほしい。

 

3.虎

ここから同時攻略言語道断で一生懸命はじめからやった。虎はほんっっとに本編で女にされた記憶しかなくてこういうキャラいそうであんまりいなかったよねネオロマっぽくないしそもそも最近の乙女ゲームにあんまりいない。現実的で地に足ついてるというか周りの八葉に比べたら世界は綺麗ごとだけじゃ回らないってことをよく教えてくれてるなと思う。いい意味でまったく神子としての扱いをしないから逆に人として一番信頼出来る感じ。一度仲間意識持った相手にはすごく優しいよね虎……腕組んでる立ち絵の顔がめっちゃ好き。

梓ちゃんの、虎には芋を掘ったりしててほしい(意訳)発言にわらった。わかる。それでもなんだかんだ悪い顔はしててほしいから梓ちゃんのことをおちょくり尻に敷かれながら生きていってほしい。しかし最後の副題に「眼」ってついてて嫌な予感したんだけどまだギリ見えないことはない感じでよかった。完全に失明されたら失意のどん底だった。零紅い蝶の姉妹みたいになったらどうしようかと思っていた。ところで虎ルートの梓ちゃん本当にかわいくないですかね壁ドン(?)されてる時の梓ちゃんが本当にあまりにもかわいくてあまりにもやばかったんですけどどうなんですかね虎さん。つむじがかわいいとかいってる場合じゃないもっと違う角度から見てくれ。

「お前、いつの間にオレをそんなに好きになったわけ?」って台詞が個人的に超好き。1秒ごとに好きになってるよっておもった。あと一番最後のスチルもめっちゃ好き。最初にも言ったけど虎はネオロマでは珍しいキャラだけどそういうの入れてくれてありがとう超英断。

 

4.村雨さん

もーーーーーーむり。すき。大人だから照れない。ブラックコーヒー並みの大人の対応。最高。せっかく恋人になったのに確認したと思ったらすぐに井波さんの話し出す冷静さまで含めて非常に好きすぎるわたしもこれくらいの熱量の恋をしたい。

もう本当に梓ちゃんがひたすら村雨さんを意識するのが楽しくて楽しくてとても楽しい。旅館の逆ラッキースケベとか梓ちゃんの焦り顔はちゃめちゃに可愛かった……南無……あそこまで慌てる梓ちゃんを見られるのは村雨さん√だけ!!!あとサンドイッチ持ってってタイプライター打ち終わるまで律儀に待ち続ける梓ちゃんからの子守唄がわりに突然倒れて寝る梓ちゃんからの起こさず部屋に連れ込み腕枕してゼロ距離で一緒に寝出す村雨さんの流れまじで最高超えてた……あそこのスチル出た時ちょっと悲鳴あげた。ちょっとだけ。しかも後日また村雨さんの部屋で健気に待つ梓ちゃんとそれを目の当たりにして一緒に横になる村雨さんなんなのほんとかわいい……村雨さんって打ったのにつらさめさんになってた……つら……

一番すきなとこはやっぱり梓ちゃんを自分の部屋で寝かせた挙句自分もすぐ横で寝るとこです。ありゃずるい。

 

5.ダリウス

ダリウスほんとに前作のシュークリーム詰め込まれ事件から恐怖に慄いてたんだけど、いやまあなんだかんだダリウスのこと嫌いじゃないというか……やさしさで包んであげたい感じ?なんだろうストライクゾーンではないんだけど、世界で一番しあわせになってほしい感がすごくある。

そんなわけでダリウスさんまた心閉ざそうとしちゃうじゃん……なんかあんなに麗しくて人当たりもよくて頭も切れるわりと完璧美男子なのに「好きな女の子と距離を取るためにその子から嫌われようと素っ気ない態度をとる」発想があまりにも幼くて、本人にとっては重要な問題だと思うんだけど可愛いなと思ってしまう。愛しみを感じる。距離をとろうとするわりにさみしがりのうさぎちゃんみたいなところも可愛い。そして「好きな女の子と距離を取るためにその子から嫌われようと怖がらせる」発想があまりにも以下略。愛しさしかない。

ところで梓ちゃんが一瞬過去に飛んでダリウスに言いたいことだけ言ってやっぱり帰ってきた訳だけどあの時空のダリウスはあの後梓ちゃんに会うのかね?ぽかーんだろうな……というか黒龍めっちゃ振り回されて力めっちゃ使いよるけどさすが梓ちゃんには甘いなと思いました。

あとこれ何回も言うんだけどキャラソンの真白きカンバスが本当に良い。なんでかって言われるとすごく説明が難しいんだけど、なんかわたしの中で思ってるダリウス像が本当にこの曲そのままって感じ。もともと格好いい疾走感のある曲が好みなんだけど、そういうの無しにすごく良くて、わたしの乙女ゲームキャラソンTOP10には余裕で入る。全人類聞いて。また鈴の声がすごく合ってるんだろうなあ……本当に何年か前ダリウスの声初めて聞いた時ちょっと面白くてわらっちゃったの土下座して詫びたい。

なんかちょっと脱線しちゃったけど、ダリウス√は本当に丁寧というか美しいというか、ダリウスの繊細で臆病で優しい心情がすごく綺麗に描かれていたなあと。とにかくダリ梓永遠に幸せであれ。

あ、一番のお気に入りは結界が梓ちゃんをスルーで入れてくれたとこです。ダリウスの無意識構ってさんはかわいい。

 

6.有馬

有馬ーーー!!!!有馬ーーーーー!!!ここにいるのが梓ちゃんです!結婚しよ!!!!!(絶叫)

本当に有馬はいっつもみんなと違う話に行きたがるんだから!!!もう!!有馬がいなくなったらこっちは木属性誰もいないんですからね!!!!ただでさえ土属性が飽和状態なんですからね!!!!梓ちゃんと虎と村雨さんだけでもちょっと多いなって思ってたら萬くんもだし秋兵まで進化させたら土属性になったんですからね!!!!!やめてください本当にふらっと戦地に行くの!!!!

…………有梓は本当にすごく好きなカップルコンビだからとにかく良かった。有馬が常に硬派な男でいてくれたおかげでわたしが終始有馬に惚れていた。他の作品とかだとああいう硬派タイプなのにすぐ顔赤くしちゃったりツンデレ感を押し出してきちゃう奴いるじゃん。でも有馬はそんなことしない。常に正義と信念を持って色々ブレない男でいてくれて本当にありがとう最高に胸がときめく……すき……むり……

だからこそ酔い潰れて梓ちゃんにキスしたのがもう本当にストライクど真ん中撃ち抜かれたし、「これは……夢だな」と言い切るあたりもほんっとにああ有馬すき……となりました。

でもすごくすきなのは銃の教本くれるとこです。梓ちゃんが強靭な兵士になったらわたしも秋兵と泣きます。ただ梓ちゃんはわりと強靭な兵士寄りだとは思う。

 

7.九段ちゃん

圧倒的少女漫画……!!!!ダリウスは人が好きって感じだけど九段ちゃんはお人好しって感じ。この人わけっこすればよかったのだとか言って時空跳んでさくっと未来お助けしちゃったんですけど!!?えっ みたいな。

九段ちゃんと梓ちゃんのお互いの恋になるまで、気づくまでの過程がすごく丁寧に描かれててよかったなあとしみじみ思う。すごく少女漫画なんだけど、九段ちゃんがすごく男らしい?というか迷わないで自分の思ってることや気持ちをすぱっというところが気持ちがいい。決断の早い男は格が違う。もちろん迷う時もあったけど、こうするべきとかこうしたいっていう指標ができた途端めちゃめちゃ九段ちゃんは強い。

 

8.秋兵

9.萬

10.藤堂

============

ここまで下書き

 

……えっここまでしか書いてないのだが??なんで?????ラスト3人めっっっっっちゃ大事じゃない????わたし的に???大事だよ?????書いといてよ読みたかったよ過去のわたし……

個人的2018年楽曲大賞

長らくブログを書かない間に2018年が最後の月を迎えていてこれはいかんとなって書いているしだい……

と書きかけを放置してたら翌年の2月になっていた。なぜ。

 

とりあえず2018年に出会った曲で好きだった曲と紹介がてら感想をつらつら書きます。2018年にわたしが出会った(認識した)曲でなのでどんなに昔の曲だろうがリリース日は関係ない。

 

2017年

3/22 真白きカンバス/ダリウス

11/29 BACK2 SQUARE1/apple-polisher

11/29 HOLDING OUT/apple-polisher

12/6 スポーツ!スポーツ!スポーツ!/高坂海美

 

2018年

2/14 Swing Your Leaves/FRAME

3/21 RAY OF LIGHT/THE 虎牙道

3/28 アルカテイル/鈴木このみ

4/4 KISS or BANG!/&6allein

6/13 トレジャー・パーティー!/木村龍,若里春名,蒼井悠介

6/27 花ざかりWeekend✿/4Luxury

8/22 CRUISING/畠中祐

9/5 最愛PHRASE/HOUNDS,SilverVine

9/5 雨が終わる場所/銀波律

 

未CD化

Now or Never!/stirRhythm

Aphrodite/辻石海都,紫藤菫哉,浅田葉一

step on beat/星野紅葉,向日葵,有墨昴(無配CDのみなので一応)

 

 

◎感想

3/22 真白きカンバス/ダリウス

びっくりした。めっちゃ良曲。すずむら殿(?)の声にめっちゃ合ってる曲というか、なんかもう世界のすべてよダリウスに優しくあれ……って天を仰いだよわたしは。サビのメロディーがまじで乾いた土を潤し花が芽吹き雨雲も消えて青空が広がる……圧倒的浄化……いつ聞いても心が洗われる。とにかく好き。

 

11/29 BACK2 SQUARE1/apple-polisher

2018年はダイナミックコードの年だった。この時はまだゲームをプレイしてなくて完全にアニメだけの知識だったからアッポリ一人一人について本当に何も知らなかったけど黒沢忍さんが真面目な人だというのはわかってたよ。イントロの

デデッデッデデー×2でテンションちょう上がる。あとベースの音運びがすごい好きだからついついベース爆音で聴いちゃう。いっつもUKが作った曲を気に入ってしまって悔しい。

 

11/29 HOLDING OUT/apple-polisher

これは黒沢忍さんが作った曲です!!!!こいつらいつもあの天使な成海ちゃんにどんな歌詞を歌わせてんだよって毎回突っ込んでしまうけど成海ちゃんが作詞してる場合があるから困る。おいおいまじかよ……ってなる。でも成海ちゃんは曲に歌詞をつけるとき曲に引っ張られてしまうらしいので、この曲もきっと黒沢忍さん(の作った音)に引っ張られてると考えるとこの詩のようなことを黒沢忍さんが思ってるということになるのでちょうやばい。誰かに愛されたいなら そう、僕しかいないでしょ?って思う黒沢忍さんむりすき付き合って(遺言)

 

12/6 スポーツ!スポーツ!スポーツ!/高坂海美

これ説明いる?人生って楽しいーー!!!!!!!!!!!

 

2/14 Swing Your Leaves/FRAME

これも説明いります?バレンタインに発売された恋愛特化型元公務員達の曲です。むりすぎむり。ムンナイは余裕ありげなずるい大人だったけどこっちは真面目不器用な大人です、すきです。当たり前に君の世界の一部になりたいんだ とかほんとう……なってくれ……

 

3/21 RAY OF LIGHT/THE 虎牙道

すんげーーーーすき。もともとのこがどうも好きだけどこういう路線待ってた。普通に好きで特に言えることがない。

 

3/28 アルカテイル/鈴木このみ

サマポケ終わった後に聴いて泣かない人いるの……うみちゃん…………アニサマで聴けて本当によかった。眩しさだけは忘れなかったので白を振ってたの……

 

4/4 KISS or BANG!/&6allein

きすばん。オタクがすきな曲。君のピストルで撃ち抜かれたかもとかいいながらこっちを撃ってくる非道な曲である。これもなんか余裕ぶってるように見えるずるい男の曲では?やめろずるいのはずるいからやめろ。

 

6/13 トレジャー・パーティー!/木村龍,若里春名,蒼井悠介

宝物を探してるんだ(君たちです)カッコつけて言わせてくれないか?あぁ〜(あぁ〜^ )一人一人の個性を表す言葉は違うんだろうけど、三人合わさるとかわいいのだ!!!!ほんとかわいい。いつかLVじゃなくて現地で聴かせてくれ。

6/27 花ざかりWeekend✿/4Luxury

つよい。2018年ミリオン最強曲。ミリオン勢もだけどミリオン以外のPがめっちゃ振り向いた曲な気がする。衣装も曲も歌詞もほんと可愛くてつよいって感じ。あと新生Vo力団の歌声の力がすごい。麗花さんの歌の力がすごい。普通にファン。

 

9/5 最愛PHRASE/HOUNDS,SilverVine

イケメンライブさん。とりあえず聴いて。サビがすごい頭に残る。

 

9/5 雨が終わる場所/銀波律

2018年は蒼井翔太くんをいたるところで聴いた気がする。もうこれは普通にファンなのでは?一番後ろの席でいいからライブ行ってみたい。むしろ後ろじゃないと怖い。銀波律くんもすごくかわいいのですき。アクスタまで買った。

 

Now or Never!/stirRhythm

なにかとわたしの中で話題のスタパレ。青春のきらきらと切なさを両方含んだ上で明るく歌う曲に弱い(例:放課後オーバーフロウ/ランカ・リー)

 

Aphrodite/辻石海都,紫藤菫哉,浅田葉一

お願い全人類聴いて……格好いいから……こういう高貴でダークで疾走感のある格好いい曲に弱い(例:Destiny/遊佐浩二)

 

step on beat/星野紅葉,向日葵,有墨昴

だからとにかくこういう曲に弱い(例:Viva! Carnival!/F∞F)

 

みんなスタパレ聴いてくれよな!!!!曲がいいんだ!!!!!

天道輝ととにかくめちゃくちゃ結婚したい話

びっくりするほどやっていなかったけど今さら開始してみようと思う。

というかあの人数でめちゃくちゃシャッフルしてあみだくじしたのに天道輝が1番だったんだけどTHE FIRST STARすぎないか天道輝……

 

 まあなにが言いたいかっていうと、とにかく天道輝とめちゃくちゃ結婚したくて。多分天道輝は元弁護士だしオフショットの朝食風景から見てもやっぱりお金があるんだよね。あ、金目当てとかじゃないよ。だからきっとプロポーズする日はなんかそこらへんのとこじゃなくて、けっこういいとこのレストランのディナーとか予約すると思うのね。でも高層ビルとかのディナーじゃない(高層階ディナー担当は桜庭薫)

そんでもう待ち合わせで会った時からちょっと落ち着かないの。そわそわーってしてる。だから最初彼女はなんか今日いつもと違うなーどうしたんだろって思うんだけど、連れてってもらったレストランの外装見て、もしかして私プロポーズされる…?いやいやまさかなって思う。なんかほら、あるじゃん。レストランの前の門にお洒落な蔦みたいなのが絡んでる感じで照明がオレンジっぽくてウェイターが座る時椅子引いてくれるタイプの高級フレンチ食べられるみたいなとこあるじゃん。それ。

で、メニュー見てるんだけど、メニュー見る振りして向かいの天道輝がチラッチラッてこっちの様子うかがって来る。絶対うかがってくる。でもこっちは気づかない振りをする。というかあまりにも向こうの挙動がバレバレすぎて気づいちゃいけない感があるからこっちも必死にメニューをガン見してる振りをする。もう小難しいメニューの内容見ながらよくわかんないねーとか言うしかない。なんとなくだけど天道輝はコースとかで予約しない感じする。お金持ってるけど庶民派だと思うからコース予約はしない。

で、とりあえず注文して赤ワインとか出てくるんだけどもう最初の一口とかガッていく。絶対ガッて飲む。もうこの時点で(あっこれは絶対プロポーズされる)ってなる。今更だけど設定的には付き合って3年くらいがいい。

いつ言われるのかなってこっちもちょっと緊張するんだけど、結局デザートまでいっても言われなくて、そのままお会計で、あれ?あれ?ってなる。しかも天道輝ちょっと酔いが回ってて顔赤い。そしてそのまま店出る。なんか近くの川とか海とかそういう近辺の遊歩道的なところとかぶらぶら歩く。あ、これ季節冬です。2月くらい。で、冷たい夜風に吹かれつつ2人であんまり会話なくゆっくり歩いてるんだけど、そこで天道輝が「俺たち付き合ってから3年経つよな」とか突然言い出して、(あっこれは)って察しつつ「うん」とか普通に答えるじゃん。

で、なんやかんやあって(自分の細かすぎる妄想を文にするのが面倒くさくなってきた)上着のポッケからパカって開くと指輪出てくる系の箱を取り出してくるんですよ奥さん!!!おめでとう!!!!緊張してるけど、それを見せないようにフランクに取り出しそう。ストレートに「絶対幸せにするから、俺と結婚してほしい」って言いそう。言ってくれ。リンゴンリンゴーン!!不束者ですがよろしくおねがいしまーーす!!!

 

……ここまで書いてて思ったけどこれ結婚したいんじゃなくて求婚されたいの間違いでは。

見返すとこれはひどい

とにかくさいこーぷろだくしょんの妄想をしたかったのでねたの目次です。ちょっとあれなねたもあります。

 

天道輝ととにかくめちゃくちゃ結婚したい話
そらそらが自分の一言でどきどきする相手の反応を意地悪げに楽しむ話
あめぴのデートの誘いが堂々と下心しかない話
キリオが初めて友情を育んだ相手が女の子だったら恋愛をずっと知らないままだったと思う話
鷹城恭二、告白した時絶対逆ギレする芸人
ホテルのスイートで月明かりに照らされる桜庭薫が綺麗すぎる話
渡辺みのりさん(31)5プロ内で「愛してるよ」って一番言ってくれるのは誰だ選手権優勝の話
四季わんは本命に振り向いてもらえない話
ほくほくにデートに誘われたいだけの話
クリスと夕暮れの海辺を歩きたい話
握野英雄は王道すぎて妄想が全然捗らない話
もふもふえんはせめてあと5年後で考えたい
次郎ちゃんとまったりお家デートしたい話
東雲と神谷の修羅場△ルートがやりたい話
木村龍が婚約指輪を渡せるまでの長い一日の話
柏木翼のえっちさと食欲は多分比例している話
硲さんのデートの流れ的にこの後プロポーズされるのがほぼ確でちょっと普通でいられない話
舞田類、ナイトプール似合いすぎ問題
大河タケルと付き合ったら「俺と一緒にいて、楽しいか?」って聞かれたい話
御手洗翔太に膝枕してあげたら全く起きない話
冬美旬、告白した時絶対逆ギレする芸人2
翔馬さんは自分が好きでもこっちの好意を受け入れてくれなさそうで悲しい話
涼ちんは想いを秘めてアイドルし続けそうな話
信玄さんと道流とは付き合えない話
2人ユニット、同じ人を好きになったらインテリが身を引いてしまう説
秋山隼人の告白ハイジョ総出で応援されてる話
巻緒に放課後屋上へ続く階段で告白されたい話
咲ちゃんのこと考えるのはむずかしいよね
九十九先生に好かれても気づいてはいけない話
れんれんは恋が出来るのか問題(深刻)
アスランに両手握られて見つめあうと素直におしゃべりできない話
天ヶ瀬冬馬、告白した時絶対逆ギレする芸人3
柏木翼と下町デートするのを夢見てる話
榊夏来が告白する相手を呼び出すときの台詞はミリオンライブ曲のタイトルだと思う話
ピエールと大吾に恋する覚悟はあるかという話
清澄九郎さんとの初めての夜のこと考えると生々しすぎて鼻血が出そうになる話

f:id:aaasana37:20171003221744j:image

 こんな気持ち悪いあみだくじ初めて見た。

 

しいていうなら冬ロス

芸能人とか、アイドルとか、声優とか、誰かしら結婚すると必ず「ロス」になる人が出て来るじゃないですか。そういうの本当に嫌味とかじゃなくて羨ましいなって思うことが度々ある。それほどまでにその人への愛を貫いて傾けてたってことで。わたし、そこまで誰かのことを深く気にかけたことないから。

そりゃあ推しアイドルには性別関係なくいつか(結婚というかたちであってもなくても)幸せになってほしいなって思うし、でもその幸せにわたしが関与することなどおそらくないと思ってるし、かといってそのプライベートに関わってでもお近づきになりたいとも思わないし。本当は握手会とか行っても認知がほしいわけでもないし。なんかもう住んでる世界が一生違うとどこかで思ってるのかもしれない。諦めとかじゃなくて。

AKB選抜総選挙の時のすとうりりかちゃんの時も、まああの場で言わなくても良かったよね感はとてもあるけど、へえーって感じだった。あの後にあった握手会は彼女のレーンだけガラッガラで、その割に警備員さんだけはたくさん配置されてて本当に異様な雰囲気だったんだけど、そこで行かないという選択をする人が多いのがやっぱりわたしとしては不思議というか、せっかく買ったんだから行けばいいのにとか思ってしまう。言いたいことあるなら言えばいいのに。そこで行かない人にとって、推しメンとはなんなのだろう。アイドルとはなんなのだろう。何を考えて足を運ばなくなるんだろう。

二次元アイドルに関しても、夢女としての一面を持ちながらも幸せになってねおばさんの一面を兼ね備えてるハイブリッドババアなもので「天道輝さんはこういう女の子に出会って恋をしてこんな問題にぶつかるんだけど色々あって最終的には和装で結婚式あげてほしい」みたいな妄想も全然繰り広げるし、かと思えば「天道輝抱いて」とかいう語彙力皆無厄介夢女に変わり身の術するし、なんていうか何が言いたいかっていうと要するにこだわりなし雑食ってほんと315。みんな恥ずかしがらないで、早くこっちに来な!(CV仁科カヅキ)

三次元のアイドルも二次元のアイドルも実際の恋愛対象としてちゃんと見てないからこそなんでも妄想出来るんだろうか。全然関係ないんだけど、推しアイドルと好きなアイドルと担当アイドル(これはアイマスだけか)ってわたしの中では全員別なんだけど最近ってみんな同じ感じの印象を受けるんだけれど、皆様どうお考えでしょうか。

思ってたハイタッチと違う

行って来ました、あんろくハイタッチ会。ファミレスでWの話をしていたらまんまと数十秒遅刻したのですが、一番最後に会場に入ってからその後誰も来ずに、そのまま一番最後にハイタッチをする人となってしまいました。なんてこったい。心が死んだ。以下原文まま。

 

宮本「ありがとうございます〜(めっちゃ優しいお顔と声)」

「はじめましてです、宮本さんの服装のセンスがすごく好きです!」

宮本「わ〜ありがとうございます!」

 

「はじめまして!」←若干の嘘

山谷「はじめまして〜!」

「あの、山谷さんの服装のセンスはどこで培われたんですか?」

山谷「ええ〜!?知らないよ〜!!(爆笑)」←なんで知らんのや

 

土岐「こんにちは!」

 「こんにちは!あの、こうくんの誕生日の炊飯器って使ってますか?」←byりおさん

土岐「…あ、あれね!使ってる!!あのね……すっっごく美味しい♡(爆裂にっこりスマイル)」

「本当ですか!よかったです!!」←よくわからないけどよかった

 

「こ、こんにちは……あ……め、めちゃくちゃ会いたかったです…好きです……」(本気)

菊池「えっあっ……ありがとうございます……?」(隠せない戸惑い)

 

徳武「ありがとうございます!」

「こんにちは…あっ近くで見ても本当に格好いいですね…!」(何も考えられず思ったまましか喋れない人の図)

徳武「えっ、あ、ありがとうございます!」

 

石井「ありがとうございます!」

「あっ、はじめまして、あ、あの、いっいつも明るいところが、すごく好きです……」(言うことを用意してなくてめちゃくちゃどもる人の図)

石井「本当ですか、ありがとうございます!」(天使)

 

なんというか、わたしはやりきった……傷は深い……致命傷で済んだ……