結局おたくをやめられない

好きなこと隠さず好きなだけ

しいていうなら冬ロス

芸能人とか、アイドルとか、声優とか、誰かしら結婚すると必ず「ロス」になる人が出て来るじゃないですか。そういうの本当に嫌味とかじゃなくて羨ましいなって思うことが度々ある。それほどまでにその人への愛を貫いて傾けてたってことで。わたし、そこまで誰かのことを深く気にかけたことないから。

そりゃあ推しアイドルには性別関係なくいつか(結婚というかたちであってもなくても)幸せになってほしいなって思うし、でもその幸せにわたしが関与することなどおそらくないと思ってるし、かといってそのプライベートに関わってでもお近づきになりたいとも思わないし。本当は握手会とか行っても認知がほしいわけでもないし。なんかもう住んでる世界が一生違うとどこかで思ってるのかもしれない。諦めとかじゃなくて。

AKB選抜総選挙の時のすとうりりかちゃんの時も、まああの場で言わなくても良かったよね感はとてもあるけど、へえーって感じだった。あの後にあった握手会は彼女のレーンだけガラッガラで、その割に警備員さんだけはたくさん配置されてて本当に異様な雰囲気だったんだけど、そこで行かないという選択をする人が多いのがやっぱりわたしとしては不思議というか、せっかく買ったんだから行けばいいのにとか思ってしまう。言いたいことあるなら言えばいいのに。そこで行かない人にとって、推しメンとはなんなのだろう。アイドルとはなんなのだろう。何を考えて足を運ばなくなるんだろう。

二次元アイドルに関しても、夢女としての一面を持ちながらも幸せになってねおばさんの一面を兼ね備えてるハイブリッドババアなもので「天道輝さんはこういう女の子に出会って恋をしてこんな問題にぶつかるんだけど色々あって最終的には和装で結婚式あげてほしい」みたいな妄想も全然繰り広げるし、かと思えば「天道輝抱いて」とかいう語彙力皆無厄介夢女に変わり身の術するし、なんていうか何が言いたいかっていうと要するにこだわりなし雑食ってほんと315。みんな恥ずかしがらないで、早くこっちに来な!(CV仁科カヅキ)

三次元のアイドルも二次元のアイドルも実際の恋愛対象としてちゃんと見てないからこそなんでも妄想出来るんだろうか。全然関係ないんだけど、推しアイドルと好きなアイドルと担当アイドル(これはアイマスだけか)ってわたしの中では全員別なんだけど最近ってみんな同じ感じの印象を受けるんだけれど、皆様どうお考えでしょうか。

思ってたハイタッチと違う

行って来ました、あんろくハイタッチ会。ファミレスでWの話をしていたらまんまと数十秒遅刻したのですが、一番最後に会場に入ってからその後誰も来ずに、そのまま一番最後にハイタッチをする人となってしまいました。なんてこったい。心が死んだ。以下原文まま。

 

宮本「ありがとうございます〜(めっちゃ優しいお顔と声)」

「はじめましてです、宮本さんの服装のセンスがすごく好きです!」

宮本「わ〜ありがとうございます!」

 

「はじめまして!」←若干の嘘

山谷「はじめまして〜!」

「あの、山谷さんの服装のセンスはどこで培われたんですか?」

山谷「ええ〜!?知らないよ〜!!(爆笑)」←なんで知らんのや

 

土岐「こんにちは!」

 「こんにちは!あの、こうくんの誕生日の炊飯器って使ってますか?」←byりおさん

土岐「…あ、あれね!使ってる!!あのね……すっっごく美味しい♡(爆裂にっこりスマイル)」

「本当ですか!よかったです!!」←よくわからないけどよかった

 

「こ、こんにちは……あ……め、めちゃくちゃ会いたかったです…好きです……」(本気)

菊池「えっあっ……ありがとうございます……?」(隠せない戸惑い)

 

徳武「ありがとうございます!」

「こんにちは…あっ近くで見ても本当に格好いいですね…!」(何も考えられず思ったまましか喋れない人の図)

徳武「えっ、あ、ありがとうございます!」

 

石井「ありがとうございます!」

「あっ、はじめまして、あ、あの、いっいつも明るいところが、すごく好きです……」(言うことを用意してなくてめちゃくちゃどもる人の図)

石井「本当ですか、ありがとうございます!」(天使)

 

なんというか、わたしはやりきった……傷は深い……致命傷で済んだ……

ネタもなければ金もない

あと時間もない。のは言い訳がましいか。とにかくあまりにもつまらなすぎる人生を送っているのでブログに書くねたが無くて困っています。なんかねたをください。

最近グリーンスムージーを飲むことにはまっているというよりグリーンスムージーを買うことによりなんかイマドキ感を出そうと頑張っています。今のところナチュラルローソンブランドのやつが一番すき。高い。こういうことしてるからお金がなくなる。

年齢も年齢なので貯金をしなくちゃダメかなってわりと真面目に思って、毎月ギリギリマイナスなんじゃないかくらいのラインで生活している状態からどうやってお金を使わないようにするかを日々考えているのけれど、ようやく一つの結論にたどり着いた。

【ソシャゲを毎日きちんとする】

……頭がおかしくなったわけではございません。わたしログインボーナスでさえ貰い損ねることがよくあるのに、なんか急にガチャガチャしたくなる欲求が出て来てしまって、当然そんな時に石は無いわけで。そこで課金に次ぐ課金をすることでお金がめりめり減っていくのだ……だから毎日ちょっとでもやってればアイテムも石も少しずつ増えるわけで。結局一部のゲームを除いては、SSRを出したいのではなく、ガチャを回したいだけということにようやく気付いた。だから今はデレステミリシタ夢キャスsideM全部毎日ちょこちょこしてます。A3はそれでもまだ時間がある時になんとなくしてる。

ミリシタはなんかもう踊ってる佐竹二階堂舞浜ちゃんそして響を見てるだけでわりと満足出来てるのでガチャとかよりはやくいろんな曲やりたい。ポニテの揺れが好きなんだけど、舞浜ちゃんのポニテが一番好きな感じで動きます。髪が舞ってる。

そんなわけで毎日ソシャゲがんばります。

ブログを更新してない話

3日前に友達と会った時にそれぞれ目標を決めて、わたしの目標は「毎日ブログを更新する」になったわけですが、当日から破るという最低な女はここです、こんにちは。今日からきちんとやりますね。本当はこれアイドルブログになる予定だったんだけどなんかもういいよね。あとわたしのヤプログは…しんだ…

 最近のわたしはというと、それはもう新潟ちゃんのファンになって握手会があるたびに横浜なり幕張なりに足繁く通っている。結局どんなおたくになってもパシフィコとメッセとは別れたくても別れられない。あとNGTだけじゃなくてAKBもわかるようになった、チームにもよるけど。

 昔は48グループをアイドルとして認識してなかったんだけど(エンターテイナーって感じだった)外から見る48と中から見る48は全然別物で、特に劇場公演を見始めるとそりゃハマらないわけないよなあという感じで。もし1%でも興味のある人は1度でいいから劇場に行ってみてほしい。わたしなんかやる曲全く知らないままで行ったのにめちゃくちゃ心揺さぶられたから……

あと握手会に行き始めて名前認知されるともう抜け出せないなって感じする。推しアイドルに「○○…?」(前に行った時に一瞬で付けてくれたあだ名。正直秒で忘れるかと思った)って小首傾げながら言われたらもう無理じゃない?無理だよね?(ありがとうなかいりかちゃんさんわたしはあの時召されるかと思いました総選挙23位おめでとうあなたのこれまでもこれからもきっと好きです)

3次元ばっかり見てるかと思いきやちゃんと2次元おたくもしていて、本当に今さらながらFGOがわたしの今の旬。デオンに聖杯を使うのが趣味です(?)やっとイベント報酬全部回収出来るようになったので今が1番楽しい時だなあ多分。初心者さんからフレンド申請もらうのもすごく嬉しい。まだまだ初心者気分だからがんばれがんばれ!ってとても思う。あといい加減アーチャーの金鯖さん欲しいからおいでませ。弊カルデアに金鯖セイバー何人いると思ってるんだ飽和状態だぞ。

sideMもなんだかんだちょこちょこ頑張ってるけどそろそろバーもゼリーも限界なのでこれ以上は追い討ちかけないでねと思ってる矢先に担当が呼ばれたので震えている。頼むから両方Rであってね……

そんな感じのわたしの最近です。

NGT48の公演の話

 

ある日、「NGT48がAKB劇場に出張公演をしに来る」というのを知った。柏木由紀ちゃんのことは前から可愛いと思ってはいたけど、あまりにも大きな存在になってしまったからこれまでなんとなく遠ざかっていたものの、やっぱり興味だけはずっとあって、「48ならまだ日が浅いNGTから」そんな気持ちが、彼女達がお披露目された1年くらい前からずっと頭の片隅にあって。でもさすがに一人で新潟にまで行く勇気はなかった。だけど、そんな彼女達が東京に来てくれるというのでこれは神のお告げとばかりに劇場抽選に応募しました。

そんなこんなで幸運にも女性枠で席が取れたので、一週間前に初めてのAKB劇場へ。あまりにもステージとの距離が近くて、一人一人のきらきらした表情が本当によく見えて、もうね、最高。最高だよ〜〜!!!語彙力も無くなる可愛さと煌めきとパワー。アイドルってすごい、アイドルって最強。

もともとわたしはずっと気になっていた村雲颯香ちゃんに会いに来たんだけど、柱で彼女が見えない時は真正面にいる子やMCなんかで気になった子をちょこちょこ見るようにしていて、その間に気になる子を三人見つけた。

一人は佐藤杏樹ちゃん。15歳という年齢にしては大人びたお顔。ふわふわしたメンバーをきっちりMCでまとめあげるトーク能力。わたしが抱いたのは単純に「格好良い」という感想。ステージ上で歌って踊る彼女は、色っぽいと格好良いが同居するお姉さんだった。公演後のお見送りでは「すごく格好良かったです!」とうっかり敬語で話しかけてしまうくらいの姉御っぷりだったと思う。「本当に?嬉しい、ありがと!」と笑い返してくれた彼女にめろめろだった。

もう一人は菅原りこちゃん。この子は最後の方でようやくきちんと見る機会があって、でも一瞬で目を奪われるほどキレッキレのダンスで釘付けになった。彼女の動きに合わせて流れるように空中を舞うストレートの黒髪が本当に美しい。さらっさら。トークはなかなかのふわっふわ具合なさくらんぼの妖精さん。そんなギャップが良いのです。りったん最高!りったん大好き!お誕生日おめでとう!ちなみにお見送りでは向こうから「ありがとうございました!」と先手を打たれてわたしは固まってしまった。かわいい(物理)にやられて同じ言葉を返すことしか出来なかった。

あと三人目が中井りかちゃん。この子はとにかく自称釣り師だけあって、目が合うお客さんをどんどん釣ってくる。あんなに踊りながら何秒も見つめられたらそりゃ好きになるわ。何も言えねえ。村雲ちゃんが見えない時真正面にいる時間が長かったので見事に落ちました。

そしてやっぱりお目当ての村雲颯香ちゃん。彼女はなんというか正統派アイドルの綺麗さを持ちながらもイケメン顔というか、鏡の中のジャンヌ・ダルクでの衣装が本当によく似合っていて、杏樹ちゃんとはまた違った格好良さがあった。イケメン!って感じ。もちろんトークとかはとっても可愛いのだけれど。お見送りでは勇気を出して「もふちゃんに会いに来ました!可愛かったー!」と声をかけたところ、一瞬驚いた顔をして「あっ…!ありがとうございます!!」って最高の笑顔を見せてくれました。100点中520万点。

でも一人一人のアイドルが本当に個性的でかわいくて、副キャプテンの荻野由佳ちゃんとか公演中でかく汗の量とか半端なくて、物理的にもオーラ的にもきらきらしてたし、西潟茉莉奈ちゃんとか美人さんかつかわいいでこれからめちゃくちゃ人気になるだろうなとか思いました。

公演自体のレポは気力と語彙力が無くて上手く書けないのでなし。そんな訳でわたしの劇場公演デビューの話。

広告を非表示にする